HCI・KANAZAWA ホメオパシーセンター石川金沢

ホーム 全件表示 書籍/その他邦訳 > 5%off)医術のオルガノン第六版<改訂版> > 

5%off)医術のオルガノン第六版<改訂版>


サミュエル・ハーネマン(著) 澤元亙(訳) ホメオパシー出版
ホメオパシー医学を確立したドイツ人医師サミュエル・ハーネマンの主著『オルガノン第六版』(アロパシー医学〈現代医学〉を根底から覆す「真の医学の書」)日本語版の改訂版が完成しました。
今回の改訂版では、内容に誤解を招きやすい部分について、由井寅子日本語版監修者による解説(「オルガノン解説(前編)」)が付加されていること、さらにオルガノンの各パラグラフが第1版~第6版のいつ書かれたものであるかがわかるように、本文中に番号が振られていることが大きな特徴です。
「『オルガノン』は、ハーネマンが都合30年以上をかけて改訂を重ねているため、初版で書かれた部分が変わらず残っているところもあれば、途中で修正を加えられた部分や新たに書き加えられた部分もある。ハーネマンはたゆまぬ研究と経験の蓄積に基づいて常に原理原則を進化させていったが、それゆえ、オルガノンのなかでは、初期に提唱した原理と、研究によって後に変化した原理が混在する形となって、平板に一読するとハーネマンの最終の本旨と矛盾するように解釈されうる部分が出てくる。『オルガノン』はこういった複雑な背景をも斟酌しつつ、慎重に読み込まなければならないテキストなのである。
そこで今般、改訂版出版にあたり、理解の助けとなるよう内容に誤解を招きやすい部分について「『オルガノン』解説(前編)」を付加することとした。これによって、読者諸氏が意味を取り違えたり解釈間違いの落とし穴に陥ることのないように工夫した。いかに価値あるバイブルといえども、正しい理解なくしてはその知識は無に等しい。ぜひとも参考とされたい。さらに読者諸氏の読解の参考となるよう本文中に①~⑥の数字を挿入し、各パラグラフが第何版で書かれたものであるかを明らかにした。これにより、各パラグラフの第六版にいたる歴史が一目瞭然となり、時間軸を有する奥行きのあるオルガノンとなった。おそらく、読者は必然的に深い読解へと導かれることだろう。」(「日本語版監修者まえがき」より抜粋)
初版と同様、豪華な上製版であり、生涯手もとに置くにたる一冊となっています。
※RAH学生はスクーリング時に無料配布します。RAH卒業生は各ショップにて年内無料配布しています(※但し、旧版年内に要返却のこと)

ページ数 412ページ
出版社 ホメオパシー出版
発売日 2009/08/12
サイズ 224×160×25mm
PB064A
価格:4,412円
注文数: